2007年07月18日

ジャイロフォースは。。。

ジャイロフォース3A-85618-OR箱から眺めてみるっと今までの2機とあまり代わり映え無く、手のひらサイズのハニービーのチョット大型版という感じ。

早速開けて見ることに、

ハニービーの時もそうだったが、箱の中から機体やコントローラーそして、充電器がなかなか出ようとしません。

どうなってんの。
そんな感じで良く調べると、何と1ヶ1ヶのパーツがしっかりとこれでもかという位に取り付けられています。

出すのに一苦労です。

時間をかけて、ひとつずつそっと出していくのも、楽しみのひとつかもしれませんが。


取り出した機体を手に取ってみると、回転するプロぺラの幅が機体に比べて大きく見えました。

そのプロぺラを触ってみると、見た目は硬そうでしたが以外や以外、柔らかい感じです。

見た目もとても良く出来ているな。

しかしこのジャイロフォースを飛ばすこと出来るか、もしかして苦戦の連続、そんな思いが脳裏をよぎる。


マアーそんなことで考えていてもしょうがないと、ところで機体をコントロールする大事なやつ。

なんか今までのと比較してチョット小型。
でも前のと勝手が違うようだぞ。


調整のボタンが多く付いている。これ何って思いながら眺めてみます。

説明書にはトリム調整つまみなんて書かれています。

もしかしたら大切かも、マアーいいか。

コントローラの電地入れるところ、これも小さいな。
開けて見ると、9Vと記載あり。あ〜丸い単三では無いんだ。

電池がなければ始まらないっと、近くのホームセンターに行き1ヶ¥447円四角い9V電池を買いコントトラーに入れました。

これでよし。

何となくコントローラーを見ていると、初めてのヘリ飛ばす事のできないE-SKYの事が、脳裏にガッンと出てきて、とても難しんだろうな。
このジャイロフォースも、同じように苦戦格闘するしかないのかも。
ホバリングなんてそんな簡単に出来ないんだ。

余計なつまみも付いているし。
ココで思案しても。。。

どうでも良し、せめて飛んでくれさえすればそれでいいや。
さあてドンナ飛び方するのかナー。


早速、我が滑走路へ持ち込みエンジンスタート。
するとそれぞれのヘリの音の違いがハッキリ耳にきこえます。

そしてコントローラーのパワーを上げると飛び出した。
上昇し突然止まってホバリングに。

ヘリが止まって空中に浮いているではないか。


ヤッター ヤッター ヤッター


まさかこんな突然。ホバリングになってしまう。



何度か試してみると、とても扱いやすく、調整も簡単にできるように作られているようです。

我が素人でも簡単にホバリングを楽しむことが出来ました。

一気にファンになってしまいました。
魅力は、まず安い、壊れにくい、家の中や屋外でも楽しむ事ができる。
手のひらサイズのハニービーは屋外の場合風の影響が問題です。何しろ機体が軽すぎです。


始めて飛ばしてホバリング出来てしまった。

なんて考えにくいかもしれませんが、ホバリングができやすく設計され研究された機体のように考えられます。

始めからわかっていればこのジャイロフォースに決めて買い求めたことでしよう。

今までは技術の必要ない2機は制覇。

しかし、大型E-SKYの格闘がまだまだ残っています。

こちらは技術が要求されそうです。



posted by キンちゃん at 15:05| Comment(42) | TrackBack(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

3機ものヘリどうするの

注文した3機目のヘリ「ジャイロホース」が到着しました。


さあこれから、この3機ものヘリをどう料理するか。。。?
今だ飛ばせないE−SKYが脳裏をかすめます。


もしヘリが食べ物であるならば・・・
朝1機たべて、昼1機たべるでしょう、残りの1機は晩飯になる。
まあそんな感じでしょうか。

でも食べることは出来るはずもないし、果たしてどんな結末になるのか。

実は検討すらつきません。
子供より始末が良くない気がしません?


すでに飛ばすだけなら、手のひらサイズのハニービーは制覇済み。
そして、届いたばかりの「ジャイロホース」も制覇できる気がしてなりませんが。。。。


今だ夢見る状態のホバリング飛行。

もしかして…3機とも飛ばすことが出来たら・・・
気もはればれするかも知れませんが、それまで悪戦苦闘の連続か?!

一番の難関、手ごわい相手E−SKY。

さあ。。。丁とでるか半とでますか?こんな事しか浮いてきません。

へぼへり男。


posted by キンちゃん at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

ヘリにとりつかれて

はじめて手に入れた1機目のヘリE-SKYは、2か月余りたってようやく7〜8メートル飛んだのですが、
これは奇跡かまぐれか、きっと間違って飛びはねたのでしよう。

しかし2機目の手のひらサイズのハニービーは、何度か操作するうちに簡単に、しかも思い通りに飛ばすことが出来るようになりました。

とてもよく飛んでくれます。

ホラホラ見てみろ・・・と見せびらかしたくなるほど飛ばせるようになりました。

まるで子供といっしょです。

今ではどんな狭い処でも操作できる変な自信がついてしまいました。


簡単に飛ばせるようになったらなったで、もう一機新しいヘリが欲しくなってしまいました。

どうせ乗りかかった船ですから・・・
いえいえ、乗り込んだ船ですから、3機目ヘリ「ジャイロホース」を注文してしまいした。


手のひらサイズより少し大きめ約20センチです。

対象年齢15歳以上とありましたから、E-SKYより手ごわくないと思います。



いよいよ3機目ヘリのホバリング挑戦が始まります。

ハニービーも飛ばせてもホバリングはまだできていないのに、次のヘリに挑戦とは欲張りもいいとこかもしれません。


ヘリのホバリングに魅せられてを通り越して、とりつかれてしまったのかも知れません。


この先、どこまで進んで行けるのか本人もわかっていませんが、行ける所まで行きましょう。

ホバリング病かもネ
ヘリにとりつかれてての挑戦はなをもつづく
posted by キンちゃん at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

飛ばないヘリEーSKYハニーBee

何としても飛ばない。。。。

ヘリ1号機のE−SKYハニーBee


我が手元にきてから、間もなく2ヶ月

その間には、手の平ホバリングで喜んでいると、持っていた手からスルスルとE−SKYに逃げられ、挙句の果てに家具の角に激突
プロペラはバラバラに取れてしまうは・・・
修理費はかかるは・・・

この先が思いやられる連続の出来事でした。


それでも、ホバリングへの夢はあきらめず、

限られた時間しか持たないバッテリー
訓練時間が足りない・・・とバッテリーを1本追加購入してまで意気込んで飛ばそうとするのですが。。。

何としても飛びません!!


色々コントロールレバーを上げたり下げたり、右に動かし左に戻す。

そんなこんなを何度も繰り返すのですが…

もう、手のうちようがありません。


なかばあきらめ気分で
え〜い、もう壊れても良し

コントロールレバーを勢いつけて思いっきり上げてしまい・・・
と、突然何が起きたのか今まで飛ぶ気配すらなかったE−SKYが7〜8メートルも飛びました。


唄を忘れた小鳥のように、飛ぶ事を忘れたのか知らないのかというほど、今まで全く飛ばないヘリが飛びました。


慌てたなんてものじゃありません

つい先日の修理のことが一瞬にして頭の中をよぎります。
と、同時に飛んだE−SKYは、かべに激突して止まりました。


しかし、破損は無い様子で今のところ無事のようです。


予想外の初飛行で、今はチョットだけ気分も高揚気味

これから少しずつ飛べそう〜〜飛ばせそう〜〜

そんな期待を抱かせてくれた出来事でした。



まあ、本当のところ、どうなるかはまるで不明なのですが。

今後の操縦訓練に向けて、ただいま飛行広場の確保に専念中というところです。
posted by キンちゃん at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

ホバリングの思案に暮れる日

修理から帰って来たE−SKYハニーBee
バッテリーを2ヶ用意して、いよいよ本格的に訓練開始。。。。!

今日こそは・・・と、滑走路を12畳の部屋と決め、どこに向かって行っても何とかなるだろうと部屋の中央に置いて。。。。


さぁ、モーター始動準備完了です


トランスミッターのコントロールレバーを、調整しながら少しずつ動かしモーターの音も勢いを上げていきます

よ〜し・・・モーターエンジンも快調に回り始めたぞ〜?

調子の良いモーターの音を聞いただけで、すでに心は操縦士の気分です


しかし、しかしです

コントローラーをどんなに調整しても・・・
モーターの勢いをどんなに上げてみても・・・

全く飛ぶ気配はありません

それどころか、ズッズッ〜ズッズッ〜と相変わらずの横にズリ足状態。。。
かと思えば、後ろに後退すべり。。。バックオーライはしていないぞ。。。
何とか止めようと、コントローラレバーを調整すれば、今度はグルグル回り。。。

考えられる動きの、残りは前進だけじゃないか。。。?

そんなことを思いめぐらしながら、コントローラのレバーを必死に調整するが、前進してくれない


モーターの音も弱まりはじめ、バッテリーの1本目が間もなく終わりそう
いや〜ここで終わるのは悔しい
前回の挑戦から何の進歩も見られない

さて気合いを入れなおして、2本目のバッテリを使用することに・・・


この手ごわい相手E-SKYハニーBeeを、いかにして前進させようか。。。

横のずり足やらグルグル回りやら、操縦士の言うことを聞いてくれないどころか、操縦士がE-SKYハニーBeeの動きに合わせて非難する!

それじゃ、まるっきり立場が反対だろう。。。!!と思ってところでどうにもならない

とにかく再挑戦
しかし、依然と変化がないE-SKYハニーBeeの動きに、とうとう2本目のバッテリーも燃料切れです

操縦士の意気込みだけは、あまるほど充分あるのですが、意気込みだけではどうにもなりません


久しぶりのE-SKYハニーBeeのホバリングに挑戦した本日ですが、成果は、バックオーライとグルグル回り・・・そして相変わらずのズリ足でした


心に残るは残念の一言!!!
必ずや飛ばして見せるぞ、E-SKYハニーBee。。。。



次は気持ちを入れ替えて世界最小へリ手のひらサイズのハニービーに乗り換えです

ハニービーは、チョットやそっとじゃ壊れないことを十分確認済み?
余裕の操縦ができます

飛びます・・・飛びます・・・
どこでもOKです

飛んでいる姿は、素晴らしいくステキです
静止している時の見た目より、飛んでいる姿は遙かに素晴らしいく見えます

飛ばすことはできるのですが、激突も良くします
しかし、壊れません

E-SKYハニーBeeでの落ち込み気分は、手のひらサイズのハニービーに救われています

ちっちゃくて可愛い手のひらサイズのハニービー
何よりとんでくれるのが一番可愛い

今はまだE-SKYハニーBeeへりは可愛くなれません
思案に暮れる日々のE-SKYハニーBeeのホバリング挑戦日でした


posted by キンちゃん at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

ヘボからへホ操縦に格上げ。。。?

世界最小、手のひらサイズのハニービーはとてもよく飛んでくれます

操縦が上手くなったのか?

飛ばすたびに、
昨日よりよく飛ぶようになったぞ〜〜!
上手に飛ばせるじゃないか・・・!!

と、ひとり自己満足の世界に浸っています


思い出してみれば・・・
誰でもカンタン! 

この言葉を丸々信じて、すぐに飛ばせると期待を大きく持ち
挑戦を始めたのですが・・・

初めて手のひらサイズのハニービーを飛ばそうとモーターを回し始めた時には

あ〜ぁ、やっぱり・・・と、
床の上でグルグル回転

その後、飛んだー!!と喜んだのもつかの間
直ぐに壁や天上に激突

激突は、まぁヘボ操縦の腕前じゃしょうがないが
壊れちゃいないかと、気にかかること気にかかること。。。。


そんなこんなを繰り返し、激突を何度も経験しているハニービーですが
驚くかな、機体は全くの無傷!!


届いた箱を開けて初めて対面したときは
チョット不安…

手のひらサイズとはいえ、あまりに小さい…
ソ〜ッと持たなければ、つぶれてしまいそう…

こんなにごつい男の手と、手のひらサイズのハニービーを思わず見比べてしまったほど。。。。


しかし、しかし、どんな物でもいつかは古くもなるし壊れもする・・・と開き直った

そして、いざ飛ばしてみると激突の連続
あれほど気にかけ心配していた「壊れる〜?」はウソのよう


確かに…
説明では『壊れにくい!』の表記はあったものの、売り込みのため?

信じたいけど、本当に信じて大丈夫・・・?!とあいまいさを残しておいたのでした


それでも、少しでも壊れにくいようにと機体にセロテープを貼リ付け、こころなし安心させてみたりしていたのですが

それが何と何と、本当に壊れない!!!
多少の乱暴な扱いも難なく吸収してくれるハニービー
壊れることの心配はどこかに吹っ飛んでしまいました
今ではもう、思う存分気兼ねなく飛ばす訓練ができます


そんな気遣いが勢いをとめていたのか?
それとも、慣れてきたせいか?

バッテリーが無くなるまで、飛んでいる時間が長くなってきています

空中に浮かせることが至難のラジコンヘリの操縦


誰でも飛ばせる、ハニービーに感謝、感謝!!

小さい機体は、まるで虫が飛んでいるように見えるときもあるけれど、悠然と飛んでいる姿は、とてもスマートに見えます。


「地上にいる時より遥かにそう快だろうなぁ〜」と、そんな思いで訓練に励んでいるところです


しかし、喜んでばかりはいられません。。。
大型のE−SKYハニーBeeは、いまだに手に負えません

私の出番はいつ来るの。。。?
と、そん感覚かも知れません、今しばらく操縦の腕を磨いた後には飛ばしてあげますョ〜 

そんなちょっぴり寂しい思いで…眺めています


しかし、ヘボ操縦からの脱出はいつのことになるのやら
ヘボ操縦の『゛』を取ってへホ操縦くらいには格上げしてみようかな。。。??
posted by キンちゃん at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

激突ヘリE−SKYハニーbeeのお帰り

激突したヘリ1号機E−SKYハニーbeeの修理が終わり我が格納庫に帰ってきました。

佐川便に乗せられて約10日ぶりのご対面です。



激突音はすさまじい音がしましたが、壊れ方は見た目よりも破損が小さかったのでしよう。

思っていたほど修理の日数はかかりませんでした。

早くへりが出来上がってきたということは軽傷だったのでしょう。


まして、初めてのヘリを初めて壊し・・・初めて修理にだすのですから、見た目だけで判断は禁物。。。。
と、実際の壊れ具合は素人ではわかりにくいものです。


自分で修理をしようとあちこちいじくっているうちに、かえって手に負えなくなってしまう可能性も考えられますから。。。

修理を兼ねて整備に出した方が安心です。

まぁ、今回は見た目以上の大きな破損も無かった様で部品も2〜3点交換して済んだとの事で、まずは一安心というところです。


修理費と発送代は少々かかってしまいましたが、激突ですから仕方ありません。

ましてやヘボ操縦ですから…



では早速と。。。。
箱を開けて中をのぞいて見ると、かのE−SKYハニーBeeが懐かしい姿で箱にしっかりとおさまっています。

何とあの激突してバラバラになった羽が機体にしっかり取り付けられ新品と同様に収まっています。


ゆるんだ顔が微笑む。。。。

そっーと機体を箱から取り出し、破損したところを良く見てみる・・・と、奇麗に交換されどこが破損箇所かわからなくなっています。
 
ひゃ〜嬉しい!!

手のひらサイズのハニービーとE−SKYハニーbeeの記念撮影です。

E−SKYとハニービー

ありがたいことです 

もしも再び破損したとしても安心して整備にだせるゆとりが出来ました


「そんなゆとりはいらないよ〜!」と言われそうですが。。。


もちろん!お世話にならないに越したことがないのですが。。。。


販売しているところでしっかり修理してくれる・・・これほどの安心感はありませんね

販売店だから・・・あまりあてに成らない?と思っていましたが、とんでもない、しっかりと修理をしてくださっています。

しかも連絡もしっかり頂けます。

その上、テスト飛行をしてバランスも調整までやってくれています。

初心者用にと調整済み機を選んだ理由もよ〜く理解してもらえています。

修理が完了して発送して下さった機体やトランスミッターに触れると感じてくるのです。


E−SKYハニ−beeのホバリングまでは、まだまだドラマが生まれそうです。


話は聞いていたのですが
ホバリングが出来るまで最低2〜3ヶ月はかかりますと。。。


初めての激突…
初めての破損…
初めての修理…

そして帰ってきたE−SKYハニ−beeの機体を見て、いよいよ現実味がおびてきた感じになってきています。


マァー、ハニーbeeとどこまでお友達になっていられるものでしよう?

屋内は無理だし・・・思案中!!!

今まで通りのテーブル滑走路?
それとも手のひらホバリング?なら今度はしっかり捕まえて置かないと。。。

また激突の恐れが多分にありますナ〜〜


おいおい、ヘボ操縦士しっかりしろよ!!
posted by キンちゃん at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

飛んだよ。。。!ハニービー

世界最小、手のひらサイズのハニービーの飛行挑戦が始まりました


何でもいいから、とにかく飛んだ・・・・ハニービー

気をよくして、年甲斐も無くウキウキワクワクです


「飛ばせること」の第一ステップはクリアしました

しかし、行く先は不明どこに飛んでいくのかわかりません

操縦者の気まま飛行ではなく、ハニービーの気まま飛行では、飛ばせたとは言えませんね


スイッチをいれたら、勝手に飛んだ。。。。こんな感じですから


という訳で、次なる課題は操縦です


まずは上昇、下降がスムーズに

そして、右旋回左旋回と操縦訓練です


飛ぶ事実を確認できた余裕でしょうか。。。。
ハニービーの小さな機体を良くみてチェック

取扱い説明書を見ながら、充電とコントローラーのレバーの動かし方操作の仕方を念入りにチェックです


充電完了と同時に12畳の部屋へ直行

ハニービーの2度目の飛行挑戦が始まります


飛び立つときの感覚をつかもうとコントローラを操作・・・

何度か頭の上のプロペラとモーターの音をよく聞きながら何度か回転速度を上げたり落としたりしているうちに、

いきなり飛び上ったり・・・

目の前でグルグル回り・・・

どうしたことかと戸惑いながらも、コントローラレバーを操作?とにかく動かしてみる。。。。


コントローラの操作がかなり微妙である事に気づきながらも。。。

激突寸前でモーターの回転を落とし墜落・・・

壁に接触して、あえなく落下・・・

天井にあたって墜落・・・


そんなこんなを数回繰り返すうちにハニービーも少しだけ自由に飛んでくれるようになってくれました

ハニービー飛行1


満タンに充電したバッテリー電池も飛行時間5〜10分で燃料不足です


飛ぶだけのパワーがなくなったモーターの音だけが寂しく聞こえます

今日はここまで。。。。


まぁ、「うまく飛び立つことが出来ました」としておこう


「飛ばすことに成功しました」と自己満足の操縦訓練でした


世界最小ヘリ手のひらサイズの可愛いハニービー

『誰でもとばせる!』実感のハニービー


お前が可愛いのは・・・小さいだけじゃなく、飛ぶからだよ〜


あちこち、ぶつかったり墜落したりがありましたが、まだ機体に損傷は見られません


ハニービーまだ元気です

posted by キンちゃん at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

いよいよ飛ばせるかな。。。世界最小へり

2機目のヘリ手のひらサイズのハニービー赤色が到着いたしました。

クロネコヤマト便で指定時間どおりの午前中に届きました。

箱はバカにでかいが・・・・
   箱入りハニービー

手で持って見ると、ただ箱の重さを感じるだけで・・・機体の重さなんて…感じるわけありませんね。。。

重さわずか10gですから

これが飛ぶのか〜と思うと。。。なんとなく、ソワソワしてしまいます


まるで玉手箱を開けるような気持ちで…
カッターで周りのテープを切り、ソーッと箱のふたを開けて。。。

すると…なんともうひとつの箱が!

その箱の中に世界最小…手のひらサイズの赤いへりが

機体本体の何倍も大きい箱の中にチョコンとプロペラを頭につけて箱の中央に収まっています

あまりの小ささに…ほんとへりか??

思わず顔を近づけて見てしまいました



手のひらサイズとわかっていても・・・あまりに超小型。。。

「これ本当に飛ぶのかなぁ」と、不安になってくるほどの小ささ


ここで、壊れてはいけないとソ〜ッとソ〜ッと

箱の中から取り出すのさえやっと。。。

手に持つのもおそるおそる。。。


箱から出てきたハニービーは、手のひらにチョコンと乗せて握り締めると潰れてしまいそうなほどにちっちゃくて、ソフトな感触
ハニービーとタバコ


さて、これから飛ばす準備だ

バツテリーはどこにつなげればいいのかな??

そんな考えをめぐらせながら、小さい機体を一通り見てみる
まるで虫眼鏡が必要なほどに小さいヘリ

説明書を広げて小さい機体と照らし合わせていく

のちに充電!!

すると・・・きれいな青い電気が機体の中央から点滅して。。。。

飛び立つ予告をしているようにさえ感じる青い光。。。。

一気にロマンの世界に入り込ませてくれました


その後20〜25分の充電時間後、いよいよ飛ばす準備が完了です


前回1号機E−SKYの失敗がありますから、今回は特に慎重に

12畳の部屋のど真中

小さな小さなハニービーをチョコンとおいて

 
おそるおそる・・・?

コントローラーを動かすと。。。

動き出しました…回りだしました

頭の上と後ろのプロペラが回りだしました


そして、さらに回転をあげると少しずつ上にあがって。。。

あっ!!飛んだ!!

こんな小さくても大丈夫・・・ホントに飛ぶのかな??
そんな心配や思いを吹き飛ばし

飛んだ。。。飛んだ。。。飛びました。。。。!!!


1度でも飛んでくれたことに嬉しくなり

子供のようなはしゃぎようです

空間を飛ぶ小さいハニービーの飛ぶ後を追い、12畳の部屋の中をあちこちグルグル

飛び立ったハニービーはどこへ行くのかわかりません


飛ばすことはできましたが、まだ操縦はできません

最後はバッテリーの不足で落ちてしまいましたが、まだ壊れていません


可愛くなってきそう。。。
まだヘボ操縦ですが、仲良くやろうな・・・ハニービーよ。。。!!


激突ヘリはまだ修理からかえってきません
しばらくは、手のひらサイズのちっちゃいハニービーとお友達です

posted by キンちゃん at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

ヘボ操縦から脱却できる?

ただ今、初めてのラジコンヘリのお預けを食らって寂しいヘボ操縦者です

初めてのラジコンヘリで、早く飛ばしたい一心に気ばかりあせって1機は激突と言う結果となりました

「ヘリは飛ぶもの!」と飛ぶ事ばかりにこだわっていた・・・と反省の数日を過ごしていました

修理依頼で販売店に里帰り中の1号機EーSKYハニーbeeは、しばらく帰ってこないでしょう


この手持ち無沙汰の状態を打破しようと、ラジコンヘリ関連のページをあちこち散策していますと・・・

目に飛び込んできた文字は。。。

『誰でも飛ばせる… 室内用…』
続いて画像が・・・!


なんと、室内をまるで小鳥のように飛んでいる!


重さわずか10グラム、手のひらに乗るラジコンヘリ

世界最小とか。。。

もうひとつの嬉しい言葉、『壊れにくい!』


激突させてしまったショックはやっぱり大きく、『壊れにくい!』のひと言に惚れてしまいました


修理から帰ってくるのを待ちきれず
2台目のヘリ・・・『ハニービー』を注文してしまいました


修理中のEーSKYハニーbeeの1/4くらいの大きさですから

手の平サイズのキャチフレーズからすると
イメージは「可愛い〜」「お手軽」といったところでしょうか


室内用で誰でも簡単かるがる飛ばせるそうだが、今度は激突だけは避けたいものです

『壊れにくい!』の言葉を過信して調子に乗らないように、自己管理もしっかりしなければ、安心は禁物!!と、自分に言い聞かせています


「ヘリが飛ぶ」感激の動揺しない感情になるために、ハニービーで飛ぶ感覚を訓練する
これで、飛ぶ感覚に慣れるだろうと思っているのですが・・・

手元に届いていない今は、まだ想像だけの世界です



修理中のEーSKYハニーbeeの室内での飛行は、無理を承知していたつもり
ましてや初心者が「ラジコンヘリの飛ぶ感覚」を知らずして飛ばそうとしていたことも無理

無理がたたって結果は「壊れた!」

良く理解していたつもり…『理解』ではなく『つもり』だったのです


浅はかなもので、事故か起きて初めて『無理』を本当の意味で承知したのでした


かなり前から、初心者に合うラジコンへりはどれが良いだろうかと、調べたり機種の説明を見たりしながら迷いに迷って、やっと決めた機種E−SKYハニーbeeだったのです


少し大きめのかも知れないけれど、大空に向かって飛んでいくヘリ、そしてそれを自由自在に操縦している自分の姿をニンマリと思い浮かべながら、「野外で存分に楽しめるぞ・・・」とウキウキしていたのを思い出します


近日中に2機目のヘリ「ハニービー」も到着することでしょう

バラバラに損傷、分解しないことを心に誓い待つとしましよう



操縦の腕前はだいぶ上達しているはず・・・
まだまだムリ無理!


今のところ、気をつけ過ぎることは無いかもしれないヘボ操縦士!!

到着のお楽しみヘボ操縦からベテラン操縦への道のり。

果たしてどうなることヤラ
「ハニービー」の行く末は。。。
posted by キンちゃん at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。